さらに王子は、座り込んでいろいろなことを思い浮かべ考えるなど話などをします

王子は、その熊の子供に対し、悪気ないけど、迷惑をかけてしまうことだって生きてれば、あったりもするんだよと、その熊の子供に、心の中で、言います。だから、なおさら注意が必要なんだけど、それを熊の子供に、伝えようとしても、やっぱり無理があるのかな、分かってくれないのかな、などといろんな事を考えたりもしています。王子自身が、その場面で、熊の子供と照らし合わせ、もちろん立場の違いがあることも、分かるけど、おれだって少なくとも、その熊の子供よりは、気遣いして生きなければならないなと、はっきり言って対象外だけど、熊の子供にも、立場があるしと思うのです。もしかすると、その熊の子供は、親思いの熊の子供なのかも知れないし、子供の熊達の間では、気遣いが出来るタイプの子供の熊なのかも知れない、それが、たまたま今回は、その子供の熊が、1匹で、行動している時に、王子たちと、ちょっと変わった出会い方をしたのかも知れないなどと思うのです。ぜいたくフルーツ青汁 680円